日本のヘッドハンティング業界の現状

a0008_001805

 

 

日本のヘッドハンティング会社はバブルの時代を境に社会で認められ、なおかつ必要とされてきました。好景気の時代には各企業は人不足、とくに優秀な人材をいかに確保するかが企業間での競争で優位に立てると思われていました。

 

 

そのため他社から引き抜きをすることと同時に自社の社員をいかに守るかということも重要なことでした。ヘッドハンティング会社はその間に立ち、ある程度他の会社が欲しがる人材を常にリスト化し、求めに応じ交渉を進めることを業としてきました。

 

 

近年では対象とする範囲が企業のトップにまで広がりみせ、社長や取締役を務めることができる人材をいかに探し、スカウトするか、トップのヘッドハンティングが業務の中心になる会社が増えていました。エグゼクティブサーチなどとよばれるものがそれです。

 

 

ただ、ヘッドハンティングは企業と採用者、ヘッドハンターの三者で内密で進められることが多いので、一般的にはどのようなものか認知されていないような感じがします。

当サイトでは主に、ヘッドハンティングをされたい人の為に、ノウハウやテクニックをご紹介しています。

 

 

 

 

極秘ヘッドハンティングテクニックはこちらからどうぞ