グルコサミンの摂取の必要性

グルコサミンは、動物の軟骨や皮膚などに含まれているムコ多糖の一種です。加齢や疲労などによりこのグルコサミンは徐々に減ってゆき、そのたび軟骨はすり減っていきますし、肌からは潤いが失われていきます。つまり関節や肌に老化現象を来たしてしまうわけです。特に関節は、軟骨がすり減ることで動かすたびに痛みを生じるようになってしまいます。そうなると日常生活に支障が出ますので、日頃からグルコサミンが不足しないよう注意が必要です。

 

グルコサミンは食品から摂取することが可能です。牛や豚などの軟骨、カニやエビなどの甲殻類、ヤマイモやオクラなどのとろみのある植物には、グルコサミンが多く含まれています。それらを積極的に食事に取り入れることで、グルコサミンを体内に補給することができます。また、グルコサミンが配合されたサプリメントも販売されています。より体に吸収されやすいよう作られていますので、体に必要な量のグルコサミンを手軽に効率よく摂取することができます。