若返りを目指すためのストレッチ

若返りを目指すためにストレッチを行う時には、激しい運動をする必要はありません。激しい運動をすると体内で活性酸素がたくさん発生してかえって細胞を錆びつかせる原因になります。目的が若返りなのですからゆったりとした動きでOKであり、基本は血流を改善させることを目的とします。

 
ストレッチはゆっくりと呼吸をしながら行います。準備としては、腹式呼吸で体のリズムを整えたり、深呼吸してリラックスした状態を作るのがおすすめです。体を動かす前に、まずは呼吸でこれから運動をする準備を行います。

 
実際にストレッチを行う時には、凝りが気になる部分を十分に伸ばすように心掛けるのですが、体の硬い人は伸ばす時に傷めてしまう恐れがありますので気をつけながら実践しなければなりません。毎日行っていくうちに少しずつ柔らかくなっていきますので、無理に痛みを我慢して伸ばす必要はありません。ほんの少し辛いと感じる程度で止めておき、そこで数十秒キープして解除するという動作の繰り返しが基本となります。

 
床に座ってつま先に触れたり、開脚を行ったりと、誰でもできるストレッチが若返りにつながります。全身の血行が良くなると老廃物の排出がスムーズに行われるようになってむくみが解消されますし、代謝が改善されて細胞の生まれ変わりも促進されるからです。

 
毎日数分程度で構いませんが、続けて行うことが大切であり、時々やるのではあまり意味がありません。寝る前に行うと一時的に交感神経を刺激しますので、寝る頃に自然と副交感神経が優位になってリラックスした状態を作ることができ、快眠を得ることができます。快眠が得られると寝ている間に分泌される成長ホルモンが増加しますので、細胞の生まれ変わりはよりスピードアップされて効果的なケアができるはずです。
最近ではヨガが流行っていますが、ヨガでも若返りをすることは可能です。ヨガの基本は腹式呼吸であり、呼吸法にも若返りの秘密が隠されています。