ヘッドハンティングされない人の特徴

01 (170)ヘッドハンティングされない人の特徴はほぼ同じです。自分でレジュメを書いてみればわかりますが、特徴がなく、カッティングエッジがはっきりしないということです。英語で言えばケイパビリティの明確でない人はヘッドハンティングの対象にはなかなかなりにくいと言うことができるでしょう。


クライアントはヘッドハンターに雇用したいと思う人材の年収のほぼ3割を支払うといわれています。例えば2000万の年収の候補者なら600万を支払ってでも、必要なポジションに該当する候補者を連れてくるわけですから、必要能力にぴったり合致した履歴を持っている必要があるということです。


ある意味では特定の業務領域のエキスパートである必要があるわけです。日本的な企業でのゼネラリストはこうしたヘッドハンティングではあまり評価されません。またヘッドハンターを使って探してこなくてはならない人材ではないともいえます。こう考えてみると自分が市場で売れる人材かそうでないかがよく分るのではないでしょうか。

photo by: Victor1558

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)