ヘッドハンティングされる人の特徴

27ヘッドハンティングが頻繁に行われているのは、やはり今も外資のクライアント中心です。こうしたクライアントでのヘッドハンティングでは、やはり同業者から、特別な才能や座を築けている人物に対するハンティングが多く、ヘッドハンティングされる人は業界内で有名な存在であることが多いのが特徴です。


外資系企業では、とくにクイックスタートやクイックプラグインのために、社内でたりないケイパビリティをもった存在を同業者から引き抜いてくるという発想が強いですから、同一業界内で非常に存在感のあるポジションの人は、明らかにヘッドハンティングされやすくなるのは間違いありません。


たとえば生命保険会社で引き受け査定の部門長を行っている人間といえば国内の業界内では二十数社しかないわけですから、その中で成果を収めている人の引き抜きとなるわけです。こうした判りやすい部門や仕事で成果をあげている人材は転職の声もかかりやすくなるということができるでしょう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)