ヘッドハンティング会社の仕組み

Birdman of Chandlerヘッドハンティング会社には2つのタイプがあります。特定企業から年間ベースでフィーをもらってその会社の複数の必要人材を企業に代わって探す作業を行うものがひとつで、もうひとつは特定ポジションについて成功報酬だけの形態で人を探して入社したらフィーをもらうというビジネスモデルです。


前者のヘッドハンティング会社は毎月クライアントからリテーナーフィーをもらっていますから比較的余裕のビジネスになりますが、後者は人の採用が決まらないと一銭にもならない手弁当状態ですからかなりシリアスなビジネスということになり、当然人探しの方法も大きく異なることになってきます。


リテーナーフィーをもらって行うヘッドハンターはクライアントの人事担当者の代わりのような業務形態をとっていきますが、成功報酬型のヘッドハンターはとにかく案件に候補者を当てはめるために沢山の候補者をかき集める作業をしていきます。こうした案件でのヘッドハンティングは応募してみないとどうなるか判らないものがほとんどです。

photo by: gwilmore

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)