優秀な人材を連れてくるにはヘッドハンティングが一番効率がいい

[ Landmark Hospitality ] The Grand Hyatt, Tokyo, Japan @ Roppongi Hills最近は日本でもヘッドハンティングが多くなりました。自分の会社でも新入社員よりもヘッドハンティングを含め中途採用の方が多い、という人が多いのではないでしょうか。このような会社に共通している点は「会社の成長が早すぎて組織づくりが追いついていない」という点です。ではヘッドハンティングのメリット・デメリットはなんでしょうか。

最大のメリットは「即戦力になる」という事です。新人を育てようものならビジネスマナーからはじめ専門知識まで含めればどんなに速くても十数年はかかるでしょう。もちろん多額の教育費もかかります。それでしたら多少年俸が高くてもベテランと呼ばれる人材を雇用したほうが企業にはメリットがあります。

デメリットとしては「逆にヘッドハンティングされてしまう可能性がある」という点です。他社に引きぬかれない為には「会社への忠誠心を如何に持ってもらうか」がポイントです。個人の業務評価をきちんと認め、ストック・オプションなどを実施して会社の利益が自分の利益に繋がるような仕組みを作るのが良い方法だといえるでしょう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)