守りの姿勢の人にはヘッドハンターは声をかけない

SONY DSCヘッドハンティングにかかってくる案件というのは、残念ながら安定的で誰が担当してもうまくいくというものは少ないのが現実です。つまり報酬や待遇面での大幅な改善があったとしても、それに見合う成果を求められるものがほとんどと言うことになります。したがって候補者も当然それに向き合える人材が求められます。


そういう意味では、挑戦を恐れないと思われる人材にヘッドハンターは声をかけますし、守りの姿勢が強い人材はもとからターゲットにしないというは事実です。やはり、自らの力で状況を大きく変化させ、確実な成果を出して行けるという自信をもった候補者であるかどうかをヘッドハンターは見ているのです。


ただ、ものは考えようで、世の中すべてがそういうアグレッシブで一か八かをかけてみるような人材ばかりでないですから、コンサバティブに生きて行くというのも一つの人生の選択でもあるのです。ですから、すべてががっかりすることではありません。ヘッドハンターから声をかけられる存在になるためには挑戦する姿勢の持ち主になる必要があるということです。

photo by: JohnGoode

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)