ヘッドハンティングされるあなたが気をつけるべきこと

01 (163)ヘッドハンティングされるということは、これまでの企業での活躍が社会的に認められてきている一つの証拠であり、マーケッタビリティのひとつの個人的成果であると考えてもいい事柄であることは間違いないことです。業界の同業他社からのヘッドハンティングということになればなおさらと言ってもいいでしょう。

しかし、ひとつ冷静に考えるべきことがあります。それは業界内にもその評判が知れ渡る存在なのだとすれば、今いる会社にいても十分昇進や昇格の余地があるということです。なにもわざわざ転職する必要があるかどうかということについては冷静に判断すべきです。なぜ今転職しなくてはならないのかが最大の問題です。

どれだけ優秀な人材であったとしても組織を移動して、新たな会社でこれまでと同様の成果をあげられるかどうかは、正直なところ行ってみないと判らない部分が多く残されています。特に相手の組織内の人間がすべて協力的とは限らないのが転職のリスクです。提示された条件を含めて、その損得勘定を冷静に判断すべきです。

参考元:http://www.mri-tmg.jp/

photo by: Victor1558

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)