自分の為に駈けずり回ってくれるヘッドハンターを相棒にもつべし

Vittorio Colao, Andrea Prat and Tito Boeriヘッドハンターといえども人の子ですから、自分と相性のあう候補者に肩入れしたくなるものです。とくに意思の疎通が計られていれば、そうした候補者のために努力してくれるものです。まずはヘッドハンターを見極めて信頼できる人物を確保していくことが必要となるのは言うまでもありません。


ただ、残念ながらヘッドハンターをどんなに人柄で選んでも、彼らは個別に商流をもっているクライアントとそうでないところがあるのも事実です。どんなにヘッドハンターの信認があつい存在になれても、彼らが懇意にしているクライアントが候補者の意にそぐわない存在であっては、何の意味もありません。


まずはヘッドハンターのカバーしているクライアント領域を十分に確認して、候補者としてそのヘッドハンターと付き合うことがプラスなのかどうかから判断することが必要です。その上で役に立つと確認できれば、自分のために駈けずりまわってくれる存在となってくれるよう関係を築いていくことが重要です。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)