できる人間はヘッドハンターをこちら側から選ぶ

Widescreen SSH client on iPadサーチファームというのはそれぞれ得意領域や関係の深いクライアントをもっているものです。こうしたサーチファームとクライアントとの関係は外資系の仕事検索サイトなどを見ていると、どの業界の案件を沢山登録しているかなどを観察してますとわかるものです。また担当のヘッドハンターが誰なのかも細かくみていればわかります。

こんなことから、業界別でだれに相談するのがベストなのかを逆に割り出してアプローチしてみるという手があるのです。ヘッドハンターはこちらからアプローチしても、きちんとレジュメなどを提示すれば時間を作って会ってくれますし、マッチングできると思われる案件を紹介してくれることもあります。

なにより定期的にコンタクトをしているうちに適合する案件について連絡をくれるようになることもあるため、コンタクトを作ることは重要です。できる人間はヘッドハンターをこちら側から選ぶというのはそういう関係づくりのことです。ヘッドハンターの人の子ですから懇意にしている人間には連絡を取りやすくなります。

 

 

photo by: ChrisDag

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)