円満退社するための注意点

円満退社とは同僚や上司などの理解を得て、お互い納得した上で会社を退社することを言います。
退職を決めたら突然電話で辞めることを告げたり、退職願を出す方がいますが、一般的にそれはダメとされています。

辞めたいという意思表示は2ヶ月くらい前から行っていきましょう。
意思表示をする相手としては、直属の上司が無難となります。
上司に相談した場合に、大抵の場合は退職することを引き止めらるでしょう。
相談を行う前には話す内容を決めて置き、自分の考えをまとめておいたほうが、話がスムーズに行きやすいかと思います。

退職する理由はほぼ確実に聞かれるので、相談する前日にはまとめておきましょう。
理由が思いつかない場合は、やりたい仕事がある、キャリアアップのためなどが無難で相手を納得させることができる理由となります。
退職を引き止められて、気持ちが揺らいで会社に残ってしまうことが多いです。

退職の話をしてしまった後は昇格や昇進に影響し、さらに気まずい状況になってしまうことがあるので、会社に残るデメリットを把握しておきましょう。

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

コメントはまだありません。

コメントする

(必須)

(必須)